ディープラーニングの物体検出例として、遡上するアユの検出動画を公開しました。







遡上数を求めるには、フレーム間の物体をカルマンフィルタ等を用いてトラッキングし、
仮想ラインを通過する個体をカウントしていきます。